1. SSO/IDaaSのトラスト・ログイン
  2. Microsoft 365 (Office 365)へのシングルサインオン

Microsoft 365 (Office 365)への
シングルサインオン(SSO)、ユーザー連携について

Microsoft 365 (Office 365)への
シングルサインオン(SSO)、ユーザー連携について

Microsoft 365 (Office 365)を社内で利用される場合、
下記のお悩みがありませんか?

  • ①Microsoft 365 (Office 365)の
    アクセスを制限したい

  • ②Microsoft 365 (Office 365)の
    ユーザ登録/追加/削除を
    簡素化したい

  • ③Microsoft 365 (Office 365)への
    認証を強化したい

トラスト・ログインと
Microsoft 365 (Office 365)を連携することで
これらのお悩みを解決します。

Microsoft 365 (Office 365)の運用に際して、「トラスト・ログイン」に登録している従業員(ユーザー)情報を元に、 Microsoft 365 (Office 365)ユーザーの追加や削除、修正の同期が可能となります。 本来管理者が手動で行う生成・削除・修正といった手間を省くことができるので、 利便性が大きく向上します。

トラスト・ログインのMicrosoft 365 (Office 365)連携なら

お手頃価格

設定が簡単

WEBブラウザ、PCアプリ、
モバイルアプリのすべてで
SAML認証が可能!

ユーザー連携とは

トラスト・ログインのユーザー追加・変更・削除を検出し、Microsoft 365 (Office 365)のユーザー情報に自動反映します。これにより管理者はトラスト・ログイン上のユーザー情報を変更するだけで、Microsoft 365 (Office 365)のユーザー情報を変更する手間がなくなり、変更作業の手間を大幅に削減することができます。さらにActiveDirectoryとトラスト・ログインを連携させれば、アカウント情報を一気通貫で同期することが可能です。また、連携と同時にSAML認証の設定も完了しますので、連携が終わるとユーザー作成、認証設定まで非常に負荷が少なく設定できます。

シェル不要で簡単連携

他社製品ではMicrosoft 365 (Office 365)との連携をPowershellなどのターミナルからの操作を行って実現しているのに対し、トラスト・ログインとOffice 365の連携は、管理画面からの簡単操作だけでSAML連携とアカウント同期を実現します。

導入手順

STEP1

お申込み、
オプション発行

STEP2

トラスト・ログインと
Microsoft 365 (Office 365)の連携

STEP3

対象メンバーの
割り当て

完了

ID同期設定とSAML
認証設定完了!

トラスト・ログインは基本プラン無料でSSO、ID管理、ログレポート・部門管理・アクセスコントロールが行えるクラウドサービスです。ご利用のWEBサービスと組み合わせて使い始めることができます。

トラスト・ログインの基本機能

  • シングルサインオン(SSO)
    トラスト・ログインの6,000以上のアプリから、あらかじめ登録しておいたアプリをクリックすれば、IDとパスワードを入力することなくログインすることができます。ログインが便利になれば同じパスワードやかんたんなパスワードの設定もなくすことができます。
  • アクセスコントロール
    管理者がユーザー・部門(グループ)のアクセス可能なサービスをコントロールできる機能です。
    ゲストユーザーの利用を一時的に停止したり、退職者のアクセスを制限することができます。
  • 手軽なID管理
    企業のシステム管理者が社員のID・パスワードを管理できる機能です。社員の雇用時にIDを追加したり、部署の変更時に登録情報を修正するなどの管理を行います。
  • ログ・レポート
    トラスト・ログインでのスタッフのアプリやサービス利用状況はログに記録され、レポートとして一目で確認することが可能です。また、パスワードの変更履歴等も管理できるため、監査機能として安全をサポートします。

トラスト・ログインへの接続を
より便利でセキュアにするオプション

  • アクセス制限オプション
    アクセスしている場所のIPアドレスを判別し、特定のIPアドレスからのみアクセスを許可する機能がございます。
  • クライアント認証
    電子証明書がインストールされたデバイスからのみトラスト・ログインへのアクセスを許可する機能です。
  • ID連携オプション
    Active Directoryとの連携や、SAMLの仕組みを利用してGoogle Workspace(G Suite)やSalesforceなどのID・パスワードでトラスト・ログインする機能、SCIMプロトコルを使いLDAPmanagerと連携し、Active Directoryと連携、SCIMプロトコルを使いLDAPmanager(製品)と連携し、トラスト・ログインへユーザー情報同期を行うことができるオプションがございます。
  • 多要素認証オプション
    電子証明書がインストールされたデバイスのみアクセスを可能にする機能や、モバイルデバイスで生成されたワンタイムパスワードを使って、2要素認証でトラスト・ログインにログインできるようにする機能がございます。