ホーム > 導入シーン/事例 > 導入事例~全世界7つのG Suiteドメインを運用、IDP連携機能を使い、シームレスなシングルサインオンを活用~


導入事例

全世界7つのG Suiteドメインを運用
IDP連携機能を使い、シームレスなシングルサインオンを活用

株式会社gumi
CTO

幾田さま

株式会社gumi
Infomation System

鈴木さま

  • 業種 モバイルオンラインゲーム事業、VR/AR事業
  • 規模 連結従業員: 879人 (2019年3月現在)
  • 課題 G Suiteマルチドメイン運用下でのシングルサインオン導入

国内外にてモバイルオンラインゲームの開発・運営を行っております。また、市場の急拡大が見込まれるVR/AR市場において早期に優位なポジションを築くべく、投資を中心としたVR/AR領域への対応も行っております。

  • POINT 01 複数G Suiteドメイン下で統合的にSSO運用できるIDP連携機能はトラストログインだけ
  • POINT 02 協力会社を含めグローバルで1,000名以上が利用、管理はわずか6名
  • POINT 03 日本のアプリに強い。お願いしたら作ってくれる柔軟性も評価

複数のG Suiteドメイン下で利用できるシングルサインオン製品はトラスト・ログインだけです

はじめに、gumiの事業と強みについてお教えください。

(幾田)当社は、2007年に設立された企業で、モバイルオンラインゲームを中心に成長してきました。国内・海外で専門性の高い人材を確保しているため、全ての業務を外部に委託せずに内製できる点が強みです。

そして、世界各国に独立した開発拠点を有し、各国市場に向けた製品を地産地消できている点、そして「ファントム オブ キル」「クリスタル オブ リユニオン」などの自社IPが中心であり「ブランドを作れる」点も当社の強みと言ってよいかと思います。

東京に本社がありますが、社内を見回した時に外国人の比率が高いのも特徴です。中国語やフランス語が飛び交っているのが日常です。多様な文化背景・価値観を持つ人が集まっており、この中で製品を作るのはとても面白いです。

トラスト・ログインを検討された背景についてお聞かせください。

(幾田)当社では、地域ごとにG Suiteドメインを分けて管理するという運用を行っています。現在、日本、アメリカ、EU、韓国、台湾、シンガポール、フィリピンの7ドメインがあり、その下に各地域のユーザーが紐づいています。当社の正社員だけでなく、派遣社員や業務委託のスタッフもG Suiteドメインに入ってもらっているため、1,000名以上をG Suite上で管理しています。

セキュリティと利便性の向上のために、G Suiteのマルチドメインを維持したまま、シングルサインオンを実現したいと思っていました。以前は、一部開発製品は独自のシングルサインオンサーバを導入したり、G SuiteとSAML連携をしたりしていましたが、大多数のクラウドサービスは個別にパスワード管理する必要がありました。

こうした多くのクラウドサービスを網羅するシングルサインオン製品を導入したい、と思ったのがトラストログインを検討することになったきっかけです。

NEXT PAGE

続いてのページでは、トラスト・ログインの導入経緯・検証、実際に導入してみての感想について
導入期間やコストパフォーマンスについてお伺いします。


その他の導入事例